BodyDryerPlus | 朝や夜の「アフターバスタイム」ルーティンをスッキリさせるボディードライヤー | Makuake

目次

風呂上がりにバスタオルで体を拭かないBodyDryerPlus

「風呂上がりにバスタオルで体を拭く」というのはバスタイム後の当たり前のルーティンです。

そんな「カラダ拭き」を自動化してしまおうというのがこの「BodyDryerPlus」。BodyDryerPlusを脱衣場に置いておけば、風呂上がりに乗るだけで体を乾かしてくれます。言ってみれば「カラダのドライヤー」みたいなものです。

正直なところ、バスタオルで体を拭くのはそこまで面倒に感じるものではないとは思うのですが、アイデア的には斬新で面白いと言えます。

では具体的にどういうシステムで体を乾かすのか、BodyDryerPlusの性能について解説しましょう。

乗るだけでお風呂上がりのベタベタもスッキリ!?

BodyDryerPlusは乗るだけで体を乾かしてくれます。ベタベタに濡れた状態で乗るわけですが、耐水性は抜群。機械内部に水が入らないような構造となっています。

そしてその特徴の一つは温風と冷風を切り替えられることにあります。寒い冬には温風で温まりながら、暑い夏は汗をかかずに冷風で体を乾かせる。切り替えは足元のタッチパネルで、立ったまま操作できます。

BodyDryerPlusは踏み台が取り外せるようになっており、タンクの掃除がしやすく、本体は拭くだけでOKとお手入れは簡単。

体を乾かしながら他のこともできる

BodyDryerPlusは、体を乾かす間にヘアドライヤーをかけたり歯磨きしたりできるという特徴があります。

ただし、BodyDryerPlusで体が乾ききるまでに約10分ほどの時間がかかるようです。そう考えると、特に髪の短い男性はBodyDryerPlusを使ったほうが余計に時間がかかってしまうかもしれません。

初代は完売したBodyDryerのPlus機能とは

実はこのBodyDryerPlus、「Plus」と名前につく通りすでに初代のBodyDryerが発売されていて、テレビの人気情報番組などでも取り上げられ、すでに完売となっている人気商品なのです。

では今回クラウドファンディングに登場した新型のBodyDryerPlusは、初代と比較してどのような機能が追加されたのでしょうか。

ひとつは「体重計」機能。
脱衣所に設置するものとして代表的なのがこの体重計ですが、意外と場所を取るものです。そこでBodyDryerPlusは体重計をビルドインすることで、体を乾かしながら体重が測れ、余分な場所を取らないという機能を実現しました。

さらに「プレヒート機能」により、手動でスイッチをオンにしておけば事前にヒーター機能がウォームアップされ、つけた瞬間から温風が出るように工夫されています。

そのほかにもマイナスイオンを発生する高性能フィルターを使いよりクリーンなエアを噴き出したり、好みによって弱風/強風/ターボの3種類のモードを切り替えられたりと、従来型よりもさらに使いやすくなるよう機能がアップデートされています。

BodyDryerPlusのクラウドファンディング情報

BodyDryerPlusは現在「Makuake」にてプロジェクトが進行しています。

Makuake(マクアケ)
Makuake|これがお風呂上がりの新定番!乗って体を乾かす「BodyDryerPlus」|Makuake(マクアケ) 他国内クラウドファンディングサイトにて1000万円超のご支援をいただいた 今話題の「Take-One BodyDryer」がMakuakeにて新プロジェクトを開始いたします! 複数のメディ...

かなりの人気商品となっており、すでに目標金額を超える応援を得ていますが、期限は2021年5月9日となっています。

応援購入の金額は31,840円(税込)となっていて、早く購入した程安くなるという仕組みのため、興味があるのであれば早めに購入した方がお得です。ちなみに商品のお届けは「2021年6月末までにお届け」とされています。

Amazonでは

もし6月まで待てないというのであれば、Amazonでも類似商品を見つけられます。

形状は似ていますがメーカーはBodyDryerPlusとは異なるようで、レビューを見るとややお薦めしかねるかもという気もしますが、興味があれば是非ご覧ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ブラック企業にOLとして勤めたのち、Webライターとして独立。得意ジャンルは美容、恋愛、節約、ファッション、オカルトなど。記名記事、専属ライターとして活動するWebサイトは多数あり。

目次
閉じる