chicca mesh(チッカ メッシュ)|キャンプでの焼き網選びに終止符!? | Makuake

目次

キャンプ道具いろいろ

空前のキャンプブームですが、皆様もキャンプ行ってますか?

新型コロナの影響もあり、団体でワイワイというのは難しい状況ですが、独りで行く「ソロキャンプ」や、家族だけで行く「ファミリーキャンプ」などは、まだまだ大人気の模様。

キャンプといえばBBQですよね。BBQに使う焼き網って、手入れが大変だし定期的に買い替えたりして、結構メンテナンスが大変なものです。そんな煩わしさに終止符を打つアイテムをご紹介。

chicca mesh(チッカ メッシュ)

chicca mesh(チッカ メッシュ)のすごい所

今回ご紹介のchicca mesh(チッカ メッシュ)の通常の焼き網と違う点は、鉄製である事。

鉄製の網は熱伝導効率が良いのですが、錆びやすいのが問題です。そこで、chicca meshでは、窒化処理を施し、錆びにくい鉄を実現しているそうです。

窒化処理を施す事で、焦げ付きにくくなる事と、長く使えるそうです。また、窒化処理が万が一剥がれてしまってサビが出た時にも再窒化処理が可能との事で、まさに一生モノのBBQ焼き網と言えそうです。

この窒化処理ですが、これまでは工業的な場面で主に機械部品に対して行われとりわけ重要とされるエンジンまわりの部品等に施されていたそうで、今回はこの技術を応用したもののようです。

プロジェクト実行者が株式会社極東窒化研究所という、窒化処理を専門に60年以上営まれている会社というのも安心ポイントです。

ただ一つ気になる点をあげるならば、両サイドと真ん中にスリット的な隙間があること。なんとなくですが食材が落ちそうな気がしますが、使ってみたらそうでもないのかもしれません。

chicca mesh(チッカ メッシュ)をゲットするには

今回ご紹介のchicca mesh(チッカ メッシュ)は、Makuakeにてプロジェクト実施中です。

Makuake(マクアケ)
Makuake|使い捨てない!長く使える!焼き網『chicca mesh(チッカ メッシュ)』|Makuake(マクアケ) モノはどれだけ愛着を持っていてもいつかは壊れるもの、ということが 常識になっていると思いますが そんな常識を打ち破る、新技術を使った焼き網が登場しました。 ...

Smallサイズ(横28.0cm×縦17.5cm)とLargeサイズ(横36.6cm×縦23.6cm)の用意があり、それぞれサイドプレートをサークルタイプとスクエアタイプの用意があります。

Smallサイズ1つゲットするのに5,600円が必要で、BBQ用の網としてはとても高額な気がします。一生モノとしては安いのかもしれませんが・・・

プロジェクトは2021年2月22日までで、2021年2月中にはお手元に届くようです。春キャンプには十分間に合いそうですね!

Amazonで売ってないの?

来年2月までは待てない!というはAmazonで良いの売ってるんじゃ?という声が聞こえてきそうなので、今回も調査してみました。

今はチタン製の網があるのですね・・・レビューを見る限り鉄よりは熱伝導がよくなさそうですが、メンテナンスは非常に楽そうで、錆びません。うーーん。非常に迷いどころですね。比較してみたいです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

新しいもの大好きアラフォー。

新しいガジェットを発見すると、手に入れたくて発作が起きる事もしばしば。
現在、PC、デジカメ、スマホ、タブレットなど、それぞれ5台以上所持し、使っているのはそれぞれ1台という。とてつもない無駄遣いが発生中。

最近はWindows11とAmazonガジェットに注目している。

目次
閉じる