DrinkSafe | したままで飲み物が飲める!画期的なマスク | kickstarter

目次

記念すべき100記事!!!

ご覧いただいている皆様にはあまり関係のない事ですが、本サイトの記事が本投稿で100記事目となります。

はじめに書いた記事は数年前。最近思い出したように更新をはじめ、外部のライターさんにも手伝ってもらい100記事という節目を迎える事が出来ました。

そんな100記事目は、1本目に書いたクラウドファンディングサイトkickstarterから、kickstarterらしいプロジェクトのご紹介といたします。

ちなみに初回投稿の記事は以下。

マスクとともに生活

新型コロナウィルスの影響もあって、最近では家にいる時以外はマスクして生活。そんな生活が続いていますよね。みなさん疲弊していると思います。

でも、夏が終わって冬になると、さらにマスクでの生活時間が増えてくると思います。マスクって息苦しいだけで無く、色々と不便ですよね。例えばメガネをしていれば曇ってくる。例えば飲み物を飲もうと思ったら外さないといけない。その他にも色々不便な点がありそうです。

そんな不便を解消してくれる、快適マスク生活をおくれそうなプロダクトをご紹介。

DrinkSafe

DrinkSafeってなに?

このDrinkSafe、先述の不快部分を解消してくれる、スーパーマスクと言えそうです。

  • とても快適
  • 曇りにくい
  • したままで飲み物を飲める

ご丁寧に他のタイプのマスクとの比較表も掲載されておりました。

快適度や簡単に使えるかを%表示にしていて、布マスクやサージカルマスクを中間においている所がなんとも言えませんが、とにかくこのマスクがすごい事が分かります。フィルター交換式にも関わらず、年間コストが布マスクと同等というのも驚きです。

そして、唯一飲み物が飲めるのがこのDrinkSafeです。まさに最強と言ってもいいでしょう。

ただし、装着したイメージを見ても、とても格好悪い(主観です)。これを着けて街歩きしたら、変な人かと思われそう。という心配だけが残ります。もう少しスマートには作れないのですかねぇ・・・

DrinkSafeを支援

DrinkSafeは、先述した通りkickstarterで支援することが出来ます。

マスク本体と、フィルターx5、ミステリーギフトがセットのものが最小で HK$322(約4,500円)でゲット出来そうです。ミステリーギフトってなんでしょうね。

プロジェクトは2020年9月27日までで、2020年11月ごろには手に入りそうです。

このプロジェクトの目標額は HK$15,600で、現時点ではほとんど支援がありません。まだ時間があるのでどうなるかわかりませんが、達成は難しいのかもしれません。

ちなみに、kickstarterall-or-nothing方式なので、プロジェクトが目標金額に到達しない場合には、請求されませんし、プロダクトは届きません。

Amazonで売ってた?

類似品が売っている可能性があるので、いつもの通りAmazonを検索します。

なんか違う・・・と思ったら、Amazonじゃない所で発見しました。アメリカのスタートアップ企業の開発だそうです。これがいいな。

Redee Patch
Redee Mask
Redee MaskIntroducing Redee Patch, Redee Mask and Redee Straw - the ultimate trio for enjoying a drink safely and healthily. Featured in CNN, CBS, Fox News, Men's Health ...

この記事を書いた人

新しいもの大好きアラフォー。

新しいガジェットを発見すると、手に入れたくて発作が起きる事もしばしば。
現在、PC、デジカメ、スマホ、タブレットなど、それぞれ5台以上所持し、使っているのはそれぞれ1台という。とてつもない無駄遣いが発生中。

鎌倉にてIT会社を経営している事は秘密。

目次
閉じる