PrintPods | ついに登場!モバイルプリンターの決定版 | GREEN FUNDING

目次

モバイルプリンターもってますか?

皆様はプリンターをお持ちでしょうか。しかもモバイルプリンターを。

昔はパソコンを持ったらプリンターもセットで購入というのがお決まりのパターンでした。でも現在はパソコンを購入したら、インターネット回線とセットで、プリンターは不要という人が多いのではないでしょうか。

紙に印刷して出力する必要が無くなってきたり、年賀状を出さない人が多いというのも一因かと思います。

でも、モバイルプリンターは用途が違います。持ち歩くものや、家の中の小物にプリントする用途なので、ラベルプリンターに近い用途になります。

そんなモバイルプリンターも凹凸のある面や、丸い面に印刷するのはとても難しく、折角購入しても上手く扱えない、そんなものしかありませんでした。

今回は、これまであったモバイルプリンターの常識を覆す逸品です。

PrintPods

PrintPodsの凄いところ

今回ご紹介のPrintPods、凄い所がいくつかあります。

まずは、最新の滑車センサーを搭載し、誰でも簡単に曲面や粗い表面にプリントすることが可能な点。

そして、自社開発インクカートリッジから蛍光インク、消えないインク(ECO-溶媒インク)、食用インクなどのインクオプションがあることです。特に食用インクのみならずすべてのインクがアメリカやヨーロッパのFDA(食品医薬品安全庁)に承認された環境にやさしいインクで、子供たちが触っても問題のない製品になっているとの事です。

使い方はとても簡単で、お手持ちのスマートフォンにアプリをダウンロードして本体と接続するだけ。アプリ内でデザインした画像を印刷する事が出来ます。

印刷幅は最大26mmで、1つのカートリッジでなんと3,500回も印刷可能との事です。また本体は充電式で、1回の満充電で1,000回の連続印刷が可能というのも凄いですね。

1点気になるのが、フルカラー印刷でないという所、こちらは開発中との事ですので、単色で十分という方以外は発売を待つのもありでしょう。

PrintPodsをゲットするには?

今回ご紹介のPrintPodsはGREEN FUNDINGでプロジェクトを実施中です。

GREEN FUNDING
次世代ハンディプリンターの決定版「PrintPods」
片手サイズでどこでも使用可能!4種のインクで全ての素材...
次世代ハンディプリンターの決定版「PrintPods」 片手サイズでどこでも使用可能!4種のインクで全ての素材...次世代ハンディプリンターの決定版「PrintPods」 片手サイズでどこへでも使用可能! 全ての素材・全ての面の印刷に【木材/プラスチック/金属/布/革/皮膚/食べ物】

1つゲットするのに17,600円必要です(黒のスタンダードインクが1つ付属の場合)。インクの種類を増やすと結構な高額になりますが、食用インクなどは使ってみたい気もします。

プロジェクトは2020年12月15日までで、2021年1月にはお手元に届く予定です。

尚、クラウドファンディングサイトで支援者には、コミュニティ参加が特典として付くようで、活用法が分からないから購入しても使えない・・・という不安は払拭できそうです。

Amazonで売ってない?

今回ご紹介のモバイルプリンターは小型ガジェット。小型ガジェットはAmazonはお手の物です。

まさかと思いましたが、とても良いものが見つかってしまいました。。。今回ご紹介のものと使い比べてみないと分かりませんが、あまり差がないように見えます。

PrintPodsは食用インクなどの用意があるのが強みでしょうか。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

新しいもの大好きアラフォー。

新しいガジェットを発見すると、手に入れたくて発作が起きる事もしばしば。
現在、PC、デジカメ、スマホ、タブレットなど、それぞれ5台以上所持し、使っているのはそれぞれ1台という。とてつもない無駄遣いが発生中。

鎌倉にてIT会社を経営している事は秘密。

目次
閉じる