Ninebot KickScooter Air T15 | 格好良いキックスクーター!乗りたい気持ちしかない | kickstarter

目次

キックスクーターって知ってますか?

こんにちは。本日もkickstarterからのご紹介です。

これから夏になったら、アウトドア!キャンプ!(withコロナになりそうですが・・・)そんなウキウキ気分で過ごしていませんか?

今年はキャンプに行ったら、広いキャンプ場内でブイブイいわせるんだ! そう思いますよね。えぇ。

そんな貴方にピッタリのキックスクーターを発見しましたよ。

キックスクーターとは・・・キックボードの電動版です。

その名もズバリ!「Ninebot KickScooter Air T15(ナインボット キックスクーター エアー ティーフィフティーン)」(長い・・・)以下T15(ティーいちごー)とします。(オイ)

すげぇかっけー。なんかサイバー感がすごい。

T15のスペック

T15みたいに格好良いので、キャンプ場をブイブイ言わせる前に、スペックの確認。

この写真をみただけで欲しくなってしまう。
マシンについて名前Ninebot KickScooter Air T15(通称ティーいちごー)
本体の重さおよそ10kg
最大スピードだいたい20km/h
登坂能力最大斜度15%程度まで。
航行距離12km
防水レベルIPX4(生活防水レベル)
バッテリー充電時間:4時間
装備フットブレーキ、LEDリアライト、デジタルメーター
乗る人について対象年齢14歳~60歳くらいまで
乗る人の最大体重100kgくらいまで
対応身長130cm~200cmくらいまで
結構凄いスペック。

結構いい感じの能力を持っているマシンであるT15。

でも能力だけじゃなくて、そのオシャレすぎる外観を見てほしい。

本体重量10kg程度で、当然車輪もついているから、ゴロゴロ転がして移動出来る。電車の中にもっていけるのもいい。

そして、なんと、どこかの掃除機のように充電が可能。

充電スタイルがまた良い

なんだこの完璧なやつは・・・と思ってプロジェクトページを眺めていたら・・・

お気づきだろうか。

しれっとセグウェイである。

セグウェイといえば、あの一世を風靡したあのセグウェイだ。

という事はこいつの完成度が半端ない事の裏付けには十分すぎる。買わない理由はない?

T15のおしい所

これだけ褒めちぎっていて、おしい所なんてなさそうだけど、あるんです。いーえ、あるのです。

  1. 日本では公道を走れない。(キャンプ場などの私有地はおそらくOK)
  2. 日本に配送してくれない。(代行業者に頼むしかない・・・)

すいません!日本に送ってもらえませんでした。なんとアメリカとカナダのみという狭き門。

アメリカに友人がいる皆さんなら問題無いですが、筆者にはたまたま友人がおりません。もちろんカナダにもおりません・・・

情報ソース

KickStarterで発見しました。

プロジェクトはまだ44日残っていて(2020年7月3日まで)、1つゲットするのに$569の模様。送料$30です。

お届けは2020年7月だそうで、すでに多くの人が支援を行って、2,000万円以上集めています。アメリカのまだ見ぬ友人にお願いしようかな。

くやしいからAmazon検索

日本で手に入れられないと分かると、ますます欲しくなりませんか?

大丈夫。Amazonがあるじゃないですか。「電動キックボード」で検索・・・と。

値段も47,800円と良心的。だだ、オシャレさで惨敗(個人的センス)。

前回に引き続き今回の紹介も、最後は日本に配送されないという致命的ミス。次回こそまともなものを紹介したい。みんな応援してくれよな!

この記事を書いた人

新しいもの大好きアラフォー。

新しいガジェットを発見すると、手に入れたくて発作が起きる事もしばしば。
現在、PC、デジカメ、スマホ、タブレットなど、それぞれ5台以上所持し、使っているのはそれぞれ1台という。とてつもない無駄遣いが発生中。

鎌倉にてIT会社を経営している事は秘密。

目次
閉じる