クラウドファンディングまとめ

最近沢山あるクラウドファンディングサービス。
それら全てを網羅出来ませんが、当サイトが注目しているサイトをご紹介

kicks
1.KICKSTARTER(https://www.kickstarter.com/
世界一有名なクラウドファンディングサイト。
進行しているプロジェクトも最も多い。
15カテゴリに渡り展開。

kickstarterの記事一覧

makuake
2.Makuake(マクアケ)(https://www.makuake.com/
国内で最大級なクラウドファンディングサイト。
20カテゴリで展開中。

Makuakeの記事一覧

indieg
3.INDIEGOGO(https://www.indiegogo.com/
kickstarterと同じくアメリカのサイト。
世界最大級を謳うだけあり、多くのプロジェクトが進行中。
kickstarterでは扱わないような、キワモノのプロジェクトもあり。

INDIEGOGOの記事一覧

readyf
4.READYFOR(https://readyfor.jp/
国内最大のクラウドファンディングサイト。
ただ、画期的なプロジェクトとというよりも、社会貢献的なプロジェクトが多め。

READYFORの記事一覧

faavo
5.FAAVO(https://camp-fire.jp/faavo
「地域 X クラウドファンディング」という、面白い試みを行っているクラウドファンディングサイト。
地域に密着しているかどうか微妙なものから、まちおこし的なものまで、多くのプロジェクトが進行中。
地域という事が足かせか、小規模なプロジェクトも多い印象。
FAAVO by CAMPFIRE(camp-fire.jp/faavo)として2020年5月下旬からはシステム統合を行いました。

FAAVOの記事一覧

campf
6.CAMPFIRE(https://camp-fire.jp/
国内で知名度の高いクラウドファンディングサイト。
実績も多いことから、利用者も多い。
進行しているプロジェクトは他社サイトに比べると少なめな印象。

CAMPFIREの記事一覧

campf
7.kibidango(https://kibidango.com/
結構最近出来たクラウドファンディングサイト。
「できるかどうかわからない夢を応援するサービス」というよりは、「単なる物販ではない、新しい買い物体験を提供するサービス」を目指しています。
との事で、ほとんどのサービスは成立しないという事はなさそう。

kibodangoの記事一覧

motiongal
8.Motion Gallery(https://motion-gallery.net/
「すべての人をクリエイターに。」というキャッチフレーズのクラウドファンディングプラットフォーム。
主にクリエイターを中心としたプロジェクトを扱っている。
2011年にスタートしたプラットフォームで、既に2,500件以上のプロジェクトが生まれている。

Motion Galleryの記事一覧

motiongal
9.GREEN FUNDING(https://greenfunding.jp/
蔦屋やT-POINTを運営するCCCグループのクラウドファンディングサイト。
プロダクト中心。
突拍子もないプロダクトより、完成品に近いプロダクトが多いイメージ。

GREEN FUNDINGの記事一覧

machi-ya
10.machi-ya by CAMPFIRE(https://camp-fire.jp/machi-ya/
ガジェット関連のクラウドファンディング。
既に製品化しているものが多い印象。

machi-yaの記事一覧

※2020年5月現在の情報、情報は随時更新していきます。