シェア街 | 新しい街の初代住民になろう! | MOTION GALLERY

目次

みんなでシェアするシェア街!

本日は面白いプロジェクト。プロダクトではありません。

まちをシェアするという凄いワクワクするプロジェクトです。

シェア街は、シェアハウスに住む「住民」とそこに関わる「関係住民」の「まち」です。
東京の浅草橋・両国・御徒町・日本橋にあるカフェなどのリアルな「きょてん」に加え、

アプリ上のコミュニティがあり遠隔からでも住民になれます。
住民と関係住民をリアルとオンラインでつなぐ「きょてん・しごと・つうか」の3つの仕組みがあり、

「しごと」をして得た「つうか」を「きょてん」で利用できます。

地域通貨というものが、にわかに注目を浴びている現在、とても面白い試みだと思います。

まちをシェアする「シェア街」

シェア街ってどういう事?

シェア街ってどういう事なのか、気になりますよね。

シェア街サイトには熱い想いがありますが、本サイトではすごく簡単にまとめました。詳しくはシェア街サイトをご覧ください。

  • シェア街内で使える、地域通貨がある
  • シェア街内での仕事を循環させる仕組みがある
  • シェア街映画館、テレビ、写真館、新聞、ジム、八百屋さん、工房など計画中

本当に小さな町で、ここだけで経済や農業などが回って、生活出来るようになると面白いですよね。今後の展開がすごく楽しみです。

支援とリターン

今回のプロジェクトは、MOTION GALLERYにて発見いたしました。

シェア街
まちをシェアする「シェア街」 | シェア街
まちをシェアする「シェア街」 | シェア街

初代住民になるには、3,000円の支援で可能です(とても安い!)。しかも、まち通貨2,000コインが頂ける太っ腹なリターン。 ※シェア街では1コイン=1円で使えるそうです

ちなみに、各街のネーミングライツ権もリターンに用意されており、なんと30,000円!? めちゃくちゃ安いですが、既に1人の方が支援ずみなので、残り1枠。

これ良いなぁと思ったリターンが、「イラストになってシェア街に登場コース」。10,000円だけど、かわいいイラストを書いてくれて、街に登場できる。さらに自身のSNSなどにも利用可能な素材を提供してくれるそう。

プロジェクトは2020年8月20日23:59までなので、ある程度ゆっくり考えられますね。ちなみに私も住民登録しました。お手軽にシェア街住民になれるコースです。コロナ禍が過ぎ、この街に訪れて利用する日が来ることを願います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

新しいもの大好きアラフォー。

新しいガジェットを発見すると、手に入れたくて発作が起きる事もしばしば。
現在、PC、デジカメ、スマホ、タブレットなど、それぞれ5台以上所持し、使っているのはそれぞれ1台という。とてつもない無駄遣いが発生中。

鎌倉にてIT会社を経営している事は秘密。

目次
閉じる