Beasts of Mesozoic | 恐竜のアクションフィギュア!26箇所可動!! | GREEN FUNDING

目次

みんな恐竜は大好き

みなさん恐竜好きですよね。子供なんて大好きです。私も好きです。

そして、夏と言えば「大恐竜博」!的な何かが楽しみの1つになっているのですが、今年は新型コロナの影響か、ほとんどのイベントは中止となっている状況。

こんな状況じゃ、今年の夏は恐竜と触れ合えない!こんなの夏じゃない!そう悲嘆している人が多そうなので、そんなあなたのために紹介いたします。

Beasts of Mesozoic

Beasts of Mesozoic

このBeasts of Mesozoicですが、何が今までの恐竜フィギュアと違うのか。その差はリアルを追求した所にあるとの事です。最新の科学的発見を忠実に再現することにより、羽毛が生えていたり、尾と体を並行にして俊敏な動きが出来た事を再現出来るらしいです。

さらに26箇所もの可動ポイントと、ポージングロッドにより、様々なポーズの再現が可能です。口や首、腕はもちろん、爪の先まで動かせるので、まるで生きているようなリアルな動きが実現できるそうです。

ちなみに、サイズは1/6(長さ:約30㎝ 高さ:約13㎝ 重さ:約227g)と中々の大きさ。

個人的に、リアルを追求している割には可動部分が丸出しなので、もう少しディテールにこだわりが欲しかったです。それなりの値段なので、羽毛を再現しているのならば、その部分は毛を使うなど出来たように思います。それだけが残念でなりません。

Beasts of Mesozoicをゲットしよう

今回ご紹介した、Beasts of MesozoicはGREEN FUNDINGにて支援が行えます。

超超超超早割で9,600円からゲットする事が出来るようです。プロジェクトは2020/08/30 23:59 までで、2020年11月中には届く予定です。(夏には全く間に合いません・・・)

今回リターンで用意されているのは、ラプトル3種。Velociraptor(ヴェロキラプトル)、Dromaeosarus(ドロマエオサウルス)、Zhenyuanlong suni(チェンユアンロング)です。今回のラプトルシリーズの後には様々な恐竜達のシリーズが登場予定との事で、楽しみに待ちましょう。

あわせて読みたい
【26箇所稼働】だから想像広がる、ロマンに想いを馳せる。 羽毛も再現した最新科学の恐竜フィギュアが誕...

Amazonに売ってたりして

こういうフィギュアもAmazonなら扱っているかもしれないので、念の為検索してみました。

いくつか発見出来ましたが、今回ご紹介のプロダクトを越えるリアルさを兼ね備えたものはなさそうです。また、可動箇所もそんなになさそうなので、ポーズも限定されてしまいます。

本当の恐竜愛がある人は、Beasts of Mesozoicをゲットしてカスタマイズするのも良いかもしれません。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

新しいもの大好きアラフォー。

新しいガジェットを発見すると、手に入れたくて発作が起きる事もしばしば。
現在、PC、デジカメ、スマホ、タブレットなど、それぞれ5台以上所持し、使っているのはそれぞれ1台という。とてつもない無駄遣いが発生中。

鎌倉にてIT会社を経営している事は秘密。

目次
閉じる