VIVANT(ヴィヴァン)| オシャレ在宅ワークを作れる。オカムラの本気 | ENjiNE

目次

リモートワークはかどってますか

新型コロナの影響で、リモートワークが標準的になってきていますが、リモートワークは生産性が落ちるとの声も聞きます。その理由は、オンオフの切り替えが出来ないからとか。

普段家族で使っているテーブルにノートパソコンを広げてみても、どうも仕事モードに切り替わらない。リビングだと誘惑が多くて気が散ってしまう・・・などなど。

そんな貴方にこそおすすめしたい今回ご紹介のプロダクトです。

VIVANT(ヴィヴァン)

この写真の机、椅子、横のワゴンがVIVANT(ヴィヴァン)です。

VIVANT(ヴィヴァン)って?

オフィス用品を取り扱う、株式会社オカムラさんが在宅テレワーカーのために開発した商品との事で、品質には一定の信頼がおけるかと思います。

dで

デスクは必要最低限の大きさのシンプルデザイン。天板の幅700×奥行き450との事なので、かなり小さめだと思われます。ちなみに、高さ720mmとの事。

また、フォールディングチェア(椅子)は

厚みのあるウレタンフォームの座面を採用しています。長時間使用しても疲労感の少ない柔らかな座り心地を実現します。背部分もしっかりとホールドし、時間が長くなりがちな在宅ワークでもより快適にお使いいただけます。

との事で、折りたたんで収納出来る所はパイプ椅子に似ていますが、パイプ椅子と違い、長時間使用でも疲労感が少ないのは嬉しいですね。

そして、オカムラさんが一番力を入れたのは、ポット(もしくはカート)と呼ばれる、物置ワゴン。

小さめサイズのポットと大きめサイズのカートを用意し、それぞれ電源が取れるコンセントユニットが付いたものや、スマホや手帳などの小物を立てかけられるコルクボード付きのものも提供されるようです。

いずれにしても、シンプルで高品質なプロダクトで有ることが写真から伝わってきます。つや消し塗装なのもいいですね。実物を見てみないとなんとも言えませんが、安っぽさを感じさせないプロダクトのような気がします。

カートだけであれば、新宿マルイ内にオープンした「b8ta Tokyo – Shinjuku Marui」にて実物を見ることが出来るようです。

b8ta Japan
b8ta | ベータジャパン
b8ta | ベータジャパンシリコンバレー発、最新ガジェットが体験できるb8taストアがいよいよ日本上陸。今までにない店頭体験を提供するb8taの最新情報をチェックしよう。

VIVANT(ヴィヴァン)をゲットする

今回ご紹介のVIVANT(ヴィヴァン)は、ENjiNEにてプロジェクト実施中です。

ENjiNE(エンジン)
【在宅型テレワーカー向け】オフィスメーカーが作る、スペースを有効に、手早く収納できるデスクツール! |...
【在宅型テレワーカー向け】オフィスメーカーが作る、スペースを有効に、手早く収納できるデスクツール! |...クラウドファンディングプロジェクト:【在宅型テレワーカー向け】オフィスメーカーが作る、スペースを有効に、手早く収納できるデスクツール!。【予約販売開始】いまだけ...

※ ENjiNEの「実行確約型」プロジェクトのため、通常のクラウドファンディングと違い、プロダクトの購入が出来ます。このプロジェクトの目標金額への達成の可否に関わらず実行されます。

テーブル、チェア、ポット、カートそれぞれ購入する必要があり、すべてのお得なセットみたいなのは確認出来ませんでした。テーブルだけでも、20,790円とそれなりの価格です。フォールディングチェアは23,182円とテーブルを上回る金額のようです。それでもそれぞれ25%オフで提供されているので、お得だと思います。

色は3色(グレー、ホワイト、ブラック)から選ぶ事が出来ますが、全て販売個数の残りが少ないので、欲しい方はすぐにでも支援(購入)された方が良さそうです。

ちなみにプロジェクトは2021年1月15日までで、2021年1月中旬から順次届くようです。

Amazonでは?

Amazonで他のお手軽商品が無いか検索してみました。

今回ご紹介のVIVANTほどおしゃれなものは見つけられませんでしたが、比較的手頃な価格で良さそうな商品もありますね。ただ、オカムラさんを信頼して購入してみるのもいいかもしれません。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

新しいもの大好きアラフォー。

新しいガジェットを発見すると、手に入れたくて発作が起きる事もしばしば。
現在、PC、デジカメ、スマホ、タブレットなど、それぞれ5台以上所持し、使っているのはそれぞれ1台という。とてつもない無駄遣いが発生中。

鎌倉にてIT会社を経営している事は秘密。

目次
閉じる