JingPad A1 | iPad?Androidタブ?Windowsタブ?いいえ、Linux生まれのJingPad登場です。 | Indiegogo

目次

新たなタブレット端末

みなさまiPad使ってますか?

パソコンみたいに、いちいち起動して、テーブルにおいて、カタカタキーボードで・・・っていうのではなく、気軽に使えるタブレット便利ですよね。

iPadが登場後、Androidのタブレットや、Windowsのタブレット等も登場し、今やタブレットは世の中にあふれています。

そんな中、ハッカー御用達のOS、Linuxをベースとしたタブレット端末が登場いたしましたのでご紹介。

JingPad A1とは

先程ご紹介した通り、JingPad A1はLinuxベースのOS、「JingOS」を搭載したタブレット端末です。

Chromebookのように低性能でもサクサク動くというコンセプトの端末だと、性能が抑えられて、結果安いけど使いづらい・・・というものが多い印象ですが、このJingPad、性能に妥協している点が見当たりません。

一番驚くのは、そのディスプレイが有機ELであること。実物を見てみないと分かりませんが、とても高精細にくっきりとした表示が期待出来ます。ちなみに、画面解像度は2K( 2368 x 1728)で縦横比が4:3との事。縦横比が4:3はiPadと同じで、電子書籍リーダーとしてもとても使いやすそうです。

基本スペックは以下の通り。

OS:JingOS
CPU:8コアCPU(Unisoc Tiger T7510)
RAM:8GB
ROM:256GB
外部ROM:microSDカードスロット
バッテリー:USB-Cから充電、8000mAh

画面:11インチ、AMOLED、2368 x 1728(4:3)
通信規格:2.4G/5G dual-band WiFi、Bluetooth5.0
位置情報:GPS、Glonass、Galileo、Beidou
オーディオ:ステレオスピーカー、ステレオマイク
本体重量:490g
その他:スタンドにもなるキーボード付属、ペン付属(4096段階の筆圧検知)NanoSIMトレイあり。

やばい。基本と書いたけど、基本じゃなかった。とてつもないスペックでした。惜しいのは、メモリの容量が8GBというところですが、サクサク動作することを期待しましょう。

それにしても何故か位置情報は4つも使用しているので、位置情報を使うアプリなどはとても正確なデータを使えそうです。

また、キーボードとペンが付属するのも嬉しいポイント。ちなみに現在はデザイン中らしいですが、ケースも追加で付属する模様です。

ペンは背面にマグネットでつくらしい。

ちなみにAndroidもLinuxベースのOSなので、このJingPadでも使えるAndroidアプリがあるとの事ですが、過度な期待は禁物でしょう。

付属のスタンド機能兼用のキーボードもとてもスタイリッシュですね。なんでもiPadのマジックキーボードをインスパイアして作られているとの事です。

専用のストアが用意される?
トラックパッドもついて、とても使いやすそうです。

とにかく気合の入ったプロダクトに仕上がっているJingPad A1。とても購買意欲をそそられます。

JingPad A1をゲットするには

JingPad A1をゲットするには、Indiegogoでの支援が必要です。

Indiegogo
JingPad: World’s First Consumer-Level Linux Tablet ARM-based tablet JingPad A1 powered by JingOS an especially developed open-source Linux distribution | Check out 'JingPad: World’s First Consumer-Level Linux Ta...

これだけがっつり作られているから、とても高額になりそうですが、お値段驚異の8万円切り($699)、日本への送料は無料。かなりの高コスパ。ただ、JingOSタブレットなので、ガジェット好きには色々面白そうですが、素人の人たちは避けた方が良さそうです。

プロジェクトは、2021年8月15日までで、9月中には発送されるとの事です。

なんか面白いタブレットないの?

JingOSと同じくらい面白いタブレットがないか探してみました。

PINE64
PINETAB | PINE64 Quad-Core Allwinner A64 @ 1.152 GHz Up to 2GB LPDDR3 RAM Built-in 802.11 b/g/n WiFi with Bluetooth 4.0 Bootable microSD and 64GB eMMC Detachable keyboard Go to ...

まず候補に上がるのはUbuntuベースのOSを搭載している、PINEタブですね。ただスペックが低く、とてももっさりしそうです。

こちらはAndroidベースのFireOSで動作するFire HD 10 Plus。高コスパの代表格ですね。ただし、こちらもやはり低スペックなので、とても利用用途が限られそうです。

やはりここはJingPad A1をゲットして、先行者となりましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

新しいもの大好きアラフォー。

新しいガジェットを発見すると、手に入れたくて発作が起きる事もしばしば。
現在、PC、デジカメ、スマホ、タブレットなど、それぞれ5台以上所持し、使っているのはそれぞれ1台という。とてつもない無駄遣いが発生中。

最近はWindows11とAmazonガジェットに注目している。

目次
閉じる