MSMK Book Light | 世界では既にブックライト革命がはじまっていた! | kickstarter

  • URLをコピーしました!
目次

MSMK Book Light

MSMK Book Lightという、いままでのブックライトにあった不満を解消したブックライトが登場しました。

このMSMK Book Lightのすごい所というか、特徴的な所は、本全体を照らせる所。そして素材が革である所(革であることで機能性が上がるとは思いませんが、所有欲を満たしてくれますよね)。

暗い部屋で小さなライトでの読書は目に良くなさそうではありますが、本をしっかり照らす事で、目の負担も和らげることが出来そうです。

仕組みとしては、kindleなどのフロントライトと同じ感じでしょうか。

MSMK Book Lightのスペック

MSMK Book Lightのスペックですが、Type-Cで充電してLEDが光る仕様です。

また、両サイドについたマグネットで本を挟んで固定する事で、ズレることなく読書が可能です。

ちなみに、かなり大きなアーチを描くので、ページめくりの時に邪魔でめくれないような事はなさそうです。

スペックの画像を見ると、片方の端っこにスイッチが付いているようですね。

1回の充電でどの程度使えるのかは不明ですが、小さなLEDが7つのようなので、結構持つのではないでしょうか。

気になったのは、プロジェクトページに乗っていた、本体が革というアピールや、多くのカラーが選べるといった所。そこはそんなに重要じゃないんじゃないかぁと思って見てましたが、とても推してくる。単純に気になりました。

MSMK Book Lightを手に入れる

MSMK Book Lightはkickstarterにてプロジェクト実施中です。

一つ手に入れるのに、$49が必要です。結構高い気がしますが、なんと日本への配送は無料。

プロジェクトは2022年3月18日 (金)ごろまでで、2022年4月には届けられるそうです。

Kickstarterのプロジェクト

今回ご紹介のプロジェクトはAll or Nothing形式のプロジェクトです。
プロジェクトが成功した場合には料金の支払いが発生しますが、失敗した場合にはお金は発生しません。
成功する事を祈りましょう。

Amazonとかで売っているはず

画期的!と思ったけど、ブックライトの歴史はかなり長いはず。そして技術力というよりアイディア勝負の今回紹介したプロダクトです。

こういうのこそAmazonにあるはず。

結構エッジのきいた商品ありました。とくに最初のガラスみたいなのは結構すごかったです。本にガラスを被せてサイドから照らすというお洒落仕様。セレブが使ってそうな出来です。

一つだけインテリアの紹介が混ざっていますが、気になさらず。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

新しいもの大好きアラフォー。

新しいガジェットを発見すると、手に入れたくて発作が起きる事もしばしば。
現在、PC、デジカメ、スマホ、タブレットなど、それぞれ5台以上所持し、使っているのはそれぞれ1台という。とてつもない無駄遣いが発生中。

最近はWindows11とAmazonガジェットに注目している。

目次
閉じる