Joto|ホワイトボードを遠隔操作して新感覚のコミュニケーションを体感しよう!|Kibidango

目次

ホワイトボードは手書きがあたりまえ?

文字やイラストを手軽に描いたり消したりできるホワイトボード。

日常生活や会議などで使うシーンは多いですが、記載した内容はその場限りのものになりがちです。

そこで今回は、遠隔操作できるホワイトボードをご紹介します!

Joto(ジャト)

Joto(ジャト)の詳細

「Joto」は、ロボットアームがイラストや文字を描き出してくれるホワイトボード。メールやチャットツールとは違い、手描きならではのやりとりができます。

専用のアプリを使えば、スマートフォンなどに描いた絵や文字をそのままホワイトボードに転写することが可能。デジタルなデータを移すデバイスはたくさんありますが、「Joto」を使えばアナログ感ある暖かい空間づくりができます。

また、「365 Days of Art」というイラスト配信サービスを使えば、アーティストの本格的な作品をダウンロードできます。こちらは18ヶ月間のサブスクリプションサービスですが、日替わりで本格的なイラストを楽しめるので、インテリアとしても活用できますよ!

そんな「Joto」のスペックは、以下のようになっています。

寸法:393mmx 472mm x 88mm(重量:3kg)
インクの色:黒
入力:Wifi接続/ USB-Bマイクロシリアル
アプリ:Apple iOS / GooglePlay Android
保証期間:1年(初期不良は7日以内)

インクが黒しかないので、カラフルなデザインや文字を描けません。また、インクの交換方法が記載されていないのも気になるところです。

Jotoを支援する方法とは?

「Joto」を手に入れたいと思ったあなたは、クラウドファンディングサイトの「Kibidango」で支援することが可能。

Kibidango(きびだんご)
Joto|ホワイトボードを遠隔で操作する新感覚コミュニケーションツール(By Joto事務局) - クラウドファンデ...
Joto|ホワイトボードを遠隔で操作する新感覚コミュニケーションツール(By Joto事務局) - クラウドファンデ...Joto|ホワイトボードを遠隔で操作する新感覚コミュニケーションツール(By Joto事務局) - Kibidango【きびだんご】は、クラウドファンディング型ECサイトです。やりたいこ...

支援金額は44,500円からで、早めに支援すれば割安で手に入れられます。それなりの金額になので、慎重に検討する必要がありそうです…。

また、目標金額は1,350,000円ですが、すでに150%を超える支援が集まっています。 

ちなみに、プロジェクトを支援できるのは2021年3月11日までで、7月から順次配送される予定です。

Amazonで同様の商品を購入できる?

Amazonを探してみると、遠隔操作でホワイトボードに文字やイラストを描けるものはありませんでした。

店舗のメニュー表示や広告など、使い方によっては注目を集められそうです!

「遠隔操作できるホワイトボードで新たなコミュニケーションを体感したい」という人は、この機会に「Joto」を支援してみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

島根県でウェブライターをしています。
クラウドファンディングで新しいプロジェクトを見つけるのが趣味。
最先端のものから常に新しい風を取り入れるようにしており、自分自身をアップデートするのが好きです。
仕事の合間に2児の子どもと公園で遊んでリフレッシュしています。

目次
閉じる